02/17

曲紹介

お久しぶりです。
ツアーも6本無事に終えました。
新しい試みにも慣れてきて、ライブパフォーマンスにも脂がのってきた所でございます。



今日はリクエストがあったので、今回のアルバムの機材紹介やらなんやら書こうかな と思います。
ベーシスト以外は読み飛ばして頂いてOK! です。




まず使用ベースですが、

YAMAHA BB2025X



ほぼ全曲これで録りました。


骨太なロックサウンドが特徴。
ベース自体の音が本当に良いので、
今回のレコーディングではほぼラインの音だけで録音しています。



エフェクターに関しては後々書きますが、
今発売中のGiGSにエフェクターボードが掲載されていたりします。

エフェクターはポイントポイントで使っているだけなので、
基本はBBでこのアルバムのベースサウンドは構成されています。





ではまず1曲目。

1. beautiful lie, beautiful smile

 この曲で特殊なことは、最初のSEでハーモニクスをリバースで出していることくらいです。
リバースはLINE 6のDL4を使ってます。
 後はバババ!バババ!てとこで弦をおもっきしぶっ叩いてます。


2. #DIV/0!

 この曲はいかにテンポについていけるか…スピード感重視。
特にエフェクトは使っておりません。
 間奏・ギターソロの裏ではラテンな雰囲気をイメージして弾きました。オレッ


3. 最後の一口

 この曲に関してはシンプルに弾くことがコンセプトだったので、特殊なことはなにもしていません。
シンプル イズ ベスト。
 ポイントは間奏でいかに時計っぽく弾くかってとこ。


4. until the blouse is buttoned up

 イントロのハイポジションで弾くフレーズで Chorusを使ってます。
TC electronicのCorona ていうエフェクターなんですが、これがすごくて。
USBでパソコンに繋いで好きなアーティストのセッティングをダウンロードできたりしちゃうっていう画期的なエフェクターなんです。
おもしろいこと考えるなあ。

 他の所はストリングスがのってくるのでシンプルに。


5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~

 この曲のポイントは、1:05〜のストラミングていう奏法なんですが、
ストラミングっていうのはコードを弾く時に弦をまとめて弾くテクニックで、
自分は3本の指の爪を使ってジャカジャーンッ と弾いています。
 
 今回のアルバムはこのストラミングっていう奏法を多く使っています。


6. Zoo at 2 a.m.

 スラップ! 全編に渡ってスラップで弾いてます。気分はマーカスミラー。
マーカスミラー大好きなので以前からスラップだけの曲作りたいなあなんて思っていたんです。が、
この曲サビでは普通に指で弾いてます。

 ちなみにライブの時はMXRのグライコで音作りしています。


7. "Thank You" is "Fxxk You"

 この曲のポイントは最初のとこのハイポジションで弾くアルペジオ。
立って弾くとつらい…
 ツービートになってからはいかに粒立ちを揃えるか。あと疾走感。


8. アリギリス

 全編に渡ってストラミングとスラップを使ってます。
ストラミングの特徴はパーカッシヴなサウンドを得られること。ドラムと絡み合っていい感じに!

 ライブではサンズアンプを使って悪〜い感じの音にしています。


9. I'm Standing on the Scaffold

 最初のSEの部分はハーモニクスをボリュームでフワァッと煽っています。
からのハーモニクスで曲に入ります。曲の1番最後のフワァァ〜ッ!ていうのもベースのハーモニクスです。
 お気づきの方もいるでしょうが、わたくしハーモニクスが大好きなんです。はい。


10. 週末思想 

 この曲は金井から気だるいイメージでっていうリクエストだったので、シンプルに。できるだけ後ノリで。
 
 あっ、サビ前は我慢できなくてハーモニクス弾いてます。


11. 秘密

 この曲が1番エフェクトを使ったかもしれません。AメロではLINE 6のディレイを。
間奏では、シュゴオオッていうモジュレーション?だったかな。使ってます。
  

12. 母に贈る歌

 この曲はアコースティック感を出したかったので(特にジャズっぽいとこ)、
フロントピックアップを使って出来るだけ当てる指の面積を広く、指板の方で弾く。文章で説明するの難しい。。

 あとはお母さんへの感謝の気持ちを込めて弾く。これ大事。






というわけで、完全に自己満になってしまいましたが、お役に立てればうれしいです。

明日からは高崎・宇都宮!よろしくお願いします!!

posted by bigmama at 15:21 | Comment(18) | 安井 英人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。