とてもかけがえのないツアーになる。

そう心から感じたZepp Tokyo、仙台Rensaのライブでした。
あの場にいてくれたみんなありがとう。

Roclassick2を作っているときから思い描いて光景があって、
CDができてセットリストを組んで練習を重ねていくうちにそれがもっと鮮明なイメージとなって臨んだ
初日のZepp Tokyoがまずとんでもなかった。
みんなの熱量、待ってました感が半端じゃない。笑
思わずこちらもテンションが上がって、あんなに興奮したツアーの初日は記憶にないよ。
何より思い描いていたものなんて優に超えていくみんなの反応を見て、CDを聴き込んでくれていたのが手に取るようにわかって、たまらなく嬉しかった。
最高のツアー初日だった。ありがとう、行ってきます。

初日のロックスター
写真(12).JPG
なんか出てる。


ただそんな初日を体験してしまった僕らは、またまた大切な土地でそれ以上の景色が見たい訳で
また少し準備をして臨んだ仙台Rensa。
まずツアー二本目にしてやっと、前日から車移動してその土地のおいしいやーつ(このタイミングは、牛タン太助に行きました。)を食べてライブに備えるTHE ツアーを体感できて非常に嬉しかったデス。まさかのノンアルコール。
そんな良い状態で臨んだツアー二本目は、とにかくめちゃくちゃ気持ち良かった。
今まで僕らと仙台という場所で観に来てくれるみんなとで作り上げてきたものが、1つ実を結んだような感覚があった。ツアー二本目でこんな体験ができたのは仙台だったからだろうなぁと心から思う。
もっともっと拡げて行きたいなと強く思った素敵な夜だった。
終わった後に出待ちをしてくれていたみんなと話してたら、青森や秋田から足を運んでくれていた人が話しかけてくれて、嬉しかった。もちろんもっと遠くから来てくれてる人もいるし、その土地で待ってましたも本当に嬉しいよ。
ただ今回のツアーは全国各地細かく廻れるツアーじゃないから、ある程度近くまで行ったときに観に来てくれたのが嬉しかったんだ。心苦しいけど、今回のツアーは絶対に後悔させない内容になってるから、ちょっと遠いなぁってもし迷っている人がいたら是非観に来てほしい。
そして近い将来、みんなのそれぞれの都道府県までライブしに行けるように頑張るからもう少し待っててね。

二日目のロックスター
写真(13).JPG


という感じで廻っているツアーの内容について少し。
観に来てくれた人には伝わりやすいと思うんだけど、途中で柿沼、安井、リアドできゃっきゃして楽しんでいるゾーンがあります。笑
なんなとなく、せっかくロック×クラシックを軸にライブが展開していく中で、クラシックの名フレーズはたくさん出てくるけど、ロックの名リフは出てこない(まあ当然なんですけど。)。
でも偉大なるクラシックと同じぐらい、時が過ぎても色褪せない名フレーズっていっぱいあるよなぁ、せっかくこんなテーマのツアーだし少しそんな時間に耳を傾けてもらうのも良いかなと、何よりそんなバンド好きだなぁと。
完全なる私の思い込みで二人に協力を仰ぎ、このツアーに導入している感じです。

やった曲を紹介すると、
Zepp Tokyo「Rage Against the Machine/Know Your Enemy」
仙台Rensa 「Red Hot Chili Peppers/Give It Away」

Perfect Grayの最後で、Whammyというエフェクターを使ってソロを弾いたんだけど、僕にとってはWhammyといえばで最初に思いつくのがのレイジのトム・モレロというギターリストなんです。
そこからレイジの中で自分が一番好きなギターリフをやりたいなと思って、この曲にしました。
レイジはグルーヴが最高です。もし興味あったら是非とも聴いてみてください。

そしてレッチリは、大学時代にコピーバンドを文化祭でやったこともあり、みんなの大好き度が全面に出てて楽しかった。この曲のライブ映像を観てもらえばわかるけど、かなり自由度が高い曲で、アドリブしまくりな感じが最高にロックな曲なのでこれにしました。

という感じでその日しかない特別感を楽しんでもらえたと思ってやってるからさ、ぽかんとされてもやり続けるのよろしく。笑

次は何にしようかなーロックの名リフと言いつつ、もはやロックの名曲を歌って演奏するコーナーでも良いよなぁ。
また次のライブが楽しみだ。待ってろ新潟。




柿沼広也

posted by bigmama at 03:28 | Comment(17) | 柿沼 広也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ついに明日からツアーが始まります。

何度この日を夢見た事か。

夢と言えば昨晩の4時間生ラジオにて、アーティストからの質問に答えるコーナーで“ライブで失敗する夢を見た事がありますか?”という質問に対して。

安井氏「ある。(即答)ベースの音が出ず、汗びっしょりで目が覚める」
リアド氏「気合い十分で出てったら、ドラムセットの配置がまったく違う。どん引き。」
私「出てったらバンドが違って、一音目から何出したら良いかわからず焦る。」

実は相当良いバンドマンあるあるだったんじゃないかとういう感じで、やたら盛り上がりました。笑

まあ明日はまずそんなことがありえないワンマンライブ。
もちろん不安や緊張、期待や興奮、いろんな気持ちは抱えているけど
何よりこの日のために、たくさん準備してきました。
こんなに時間をかけて準備をしたのは初めてかもしれないし、でもまだまだ時間があったらいろんなことを吟味したいと思ったのもまた初めてかもしれない。
それぐらい濃いツアーにしたいし、なると思ってます。
まだツアーに来るのを迷っている人がいたら、一度見に来てほしいです。
周りに迷っている人がいたら誘って欲しいし、この人と見たいって人がいたら連れて来てほしい。
絶対に後悔させない夜にしてみせます。
アルバム“君想う故に、我在り”が完成する瞬間を見に来てください。
全国の会場でみんなに会えるのを楽しみに待ってます。

さて明日に備えて早めに寝ますわ〜
Goodnight

柿沼広也
posted by bigmama at 23:58 | Comment(19) | 柿沼 広也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お久しぶりです。

もうすっかり春ですねー
思ったより桜が早く咲いてしまって、花見やる前に散ってしまうのではないかとハラハラしてます。
でもそれ以上に花見の予定がないことに、ヘラヘラしてます。

という訳で、最近の報告をさせてまらいますー。

まず一番ホットな話題。
BIGMAMA×JEFFREY CAMPBELL
Special Live Stage “SKIP&BEAT”@渋谷CHELEA HOTELの開催が決定しました!
http://www.jeffreycampbellshoes.jp/

いやーまさかのコラボ企画ですね。
金井がJEFFREY CAMPBELLさんのデザインに感銘を受け、歌詞に使うことを許可いだだいてからのお付き合いなんですが、本当にスタッフの方々も素敵な人ばかりで。
展示会やオープニングパーティに行かせてもらったときも、ひたすらループでCDを流してくださって。
本当にありがとうございます。
この日も間違いなく素敵な夜になると思うので、ぜひお店に行ってライブチケットをゲットしてください!
前お店行ったときはこんな感じでした。
写真(8).JPG
ファッションプランドさんのイベントで、普段とは違った雰囲気の演出やライブになるかなぁ・・・
ちなみにメンズはこんな感じ。
写真(9).JPG
皆もとびっきりのオシャレして遊びに来て、いつもと違う雰囲気を楽しんでねー。


そしてなんといってもNew Album「君想う、故に我在り」& New DVD PV集「母子手帳 2006-2012」発売!

その楽曲を一番輝かせるために、できることは何か。
メンバー全員でこの命題に向かって作り上げたアルバムです。
きっといろんな思いがあると思います。
ぜひみんなの声をきかせてくださいー
特設サイト"君聴く、故に何在り?よろしくです。
http://bigmama-web.com/special/

DVDは恥ずかしくて恐らく見る事はないと思いますが、ぜひ成長の記録をお楽しみください。笑

そしてだんだんとツアーが近づいてきて、ワクワクが止まらない私なんですが、ツアーに向けてボードを組み直しました!
はい、こちら。
写真(10).JPG

う、う、美しい。。。
完全に見せたいだけです、はい。

いろいろと細かく説明してもあれなので省きますが、一つだけ。
写真の一番下にあるスイッチャーなんですが、こんだけエフェクターを入れてもそこまで大きくならずに済んだのはこれのおかげ。
Crocodile Tail Loop OC10(クロコダイルテイルループ)という名前なんだけど、
Loopが10Loopもある上に、軽くてコンパクト。しかも9Vで電源がとれちゃう優れもの。
しかもバッファーを通したときの音が、ブライトで格別なんです。
もしギターをやっていて、しかもスイッチャー使ってみたいなぁと思ってる人はぜひ試してみて。
http://www.ninevolt-japan.com/products/oc10-crocodile-tail-loop/

そういえばレコーディングではもっといろいろ使ったなぁ。
写真(11).JPG

どれも今回のアルバムには欠かせない子達でした。
こうやって良いものに触れると世界が広がる。なんでもそうだね。

なんだかギタリストみないことをしてしまったけど、要はツアーを楽しみにしていてくださいってことです。
それぞれの地域でみんなの笑顔に会えるのが楽しみでしょうがない。
それまで準備を頑張りますー。
アルバムいっぱい聴いて、ぜひ会いに来てね!

とりあえず明日はPUNKSPRING名古屋!
昔から大好きなバンドとの対バン。
たまらんす。
明日来る人はいっしょに楽しみましょうー
では、また〜

柿沼広也
posted by bigmama at 22:50 | Comment(18) | 柿沼 広也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。